この美しきもの

 この美しい詩に出会ってからは、日々の由無し事に遠吠えし続けることが、とても虚しくなり書き続けることの意味も判らなくなりました。
今は、この美しき詩(ウタ)に我が心を委(ユダ)ねていたいと思います。

「挽歌集 Ⅱ 2005」
春の歌三首     闇の見送り
季節を越えて    一粒のメール     星降る地上で
「2006年の羅列」
卒業     意味ある日々

 こちらも佳い部屋です。『死の詩の部屋
 死と生は隣り合わせ  詩と生も隣り合わせ
 生と性も隣り合わせ   みんなみんな隣り合わせ

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です