街角のoni

 節分が近い、とあるブティックのショーウンドウに鬼をみかけた。



節分の夜に日本中から逐われた鬼たちが集まる里があるという。そこでは逃げ込んでくる鬼たちを熱燗のお酒付きで迎えてやるのだという。やさしい人たちの住むその里の名を鬼村と云うそうだ。

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です