梅香と水仙香

 茫庭にも春の便りである。 まだ雪が降る可能性もあるが、暖冬のままに過ぎているこの冬である。それでも樹々や草花は、確実に季節の移ろいを教えてくれる。 今朝は落ち葉のなかから蕗の薹が顔を出していたし、梅も水仙も今を盛りと咲き競っている。


 庭の白梅は、花に華やかさは少ないものの薫りの高さは紅梅の比ではない。

 上の写真で、白梅の枝越しに見えた紅梅である。 あでやかさは毎年のことだが、ため息が出る。

 年初から咲いていた水仙である。 雪のない暖冬のせいであろうか息長く咲いているが、ぼちぼち花盛りの峠を越しそうである。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です