晩夏切り撮り

 八月にはいると、緑影は濃く空は高く雲白くなる。 そこで晩夏を切り撮った写真を二枚掲げてみる。
 昨日のテーマ「かんぽの宿と鑑定評価」については、早急な対応方針が求められていると考えることから、鑑定協会執行部への提案を今まとめているところである。 NSDI-PTについても、今年度実証実験の新しい展開が進みつつあると同時に、さらに一歩進めた計画事業のロードマップを作成中である。 緑陰涼風が感じられる季節ではあるが、まだまだ熱い夏でもある。


 緑濃く、白雲鮮やかな空
   
 夾竹桃の朱色が濃い緑に映え、稲田の緑も日毎に濃くなっている。
   

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください