Taxi 英会話 iNET

 フィクションか事実かは判らないが、タクシー業務というアナログとインターネットというデジタルを英会話というツールがつないでいるというお話しである。事実とすればやるもんだと脱帽であるし、お見事と敬服するしかない。 今やタクシーに限った話だけではなくて、里山再生の炭焼きや薪束つくりがiNETとリンクして、薪ストーブや火鉢の隠れたブームを創り始めているという。 就活氷河期はミスマッチにあると云うが、こちらはマッチングの妙味を感じる。
《 最新世代のタクシー運転手さん 》
 不動産鑑定評価にも、そんな新しい出会いが生まれることを期待したい。

関連の記事

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください