2011鄙桜-2

今年も夜桜を楽しんでいます。 昨春には病床の母の慰めになればとライトアップしてみたのです。今年はどうするかと迷いましたが、近隣の評判もよかったし父母の供養にもなろうかと、今年も鄙夜桜を楽しんでいます。 夜風に揺れる桜を眺めれば、「今年もきれいに咲いたね」と車イスの上で眺めていた母の声が聞こえます。


鄙桜は山桜であり、花の白さと若葉の緑が織りなすグラデーションが好ましいのです。自画自賛は承知の上で、闇夜に浮かぶ鄙桜は幽玄のおもむきを感じます。此の春は陸奥(みちのく)の人々と父母への鎮魂の思いをこめた夜桜です。



今朝の鄙桜。

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です