デジタルデバイド2

インターネットの普及に加速度がつきつつあるようです。無料のメール
サービスやホームページサービスも出てきたし、携帯電話からの簡易メー
ルも含めれば、この一年間のインターネット接続者数の増加は目を見張
るものがあろうと考えられる。
Emailは好きな時に発信し、好きな時に読める。しかも記録性があ
るし、通話料は通常の長電話に較べれば遙かに安い。文字離れが言われ
て久しい若者達が文字の世界に帰ってきたとも云えるだろう。一人にも
送れるし、百人千人に同時に同じことを送ることも出来る。(Faxと
同じか)
同様に掲示板やメーリングリスト或いはチャットも盛んである。これら
に共通するのは、匿名性である。チャットは完全に匿名性が保証される
訳ではないが、バンドルネーム(Web上のニックネームみたいなもの、
私の茫猿だとかshinsanが該当する)を利用すれば、ある程度の
匿名性は確保できる。勿論、短時日の間、無料メールアカウントを利用
したりすれば、相当程度の匿名性が維持できる。
電話は迷惑である。電話で仕事が中断されるし、折角よい思考にたどり
着いたと思ったら電話で中断されて、仕事に戻ったら、前の思考過程が
思い出せない。こちらの状況にお構いなしに架かってくる電話には腹が
起つ。「今、お時間宜しいですか?」等と聞かれても、スゲナク忙しい
とは云えないではないか。株や商品取引の勧誘電話ならイザ知らず。
Faxならそんなことはない。昔は電話で失礼ですがといった。
今はFaxで失礼ですがと云い、Eメールで失礼ですがと云う。
そんなことはない。FAXやEメールの方が相手にとっては都合がよい
のだ。相手の都合もお構いなしに電話をかけ来て、「今よろしいですか
とも」聞かないで長話を始める輩には腹が起つ。
どうせ都合を聞かれたところで、今忙しいから後でと云えるのは柳ヶ瀬
のキレイドコロだけです。
そんな我侭茫猿でも、仕事の依頼電話だけは何時でもOKとは、自分勝
手なことよ。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です