USB接続フラッシュディスク

【茫猿遠吠・・メモリーキー・・03.12.27】
 
 読者の皆さんは、メモリーキーをご存じでしょうか。
皆さんはFDでは収まりきらない1.4MB以上のデータを遣り取りするのに、
今でもMOデイスクを利用していますか。
最近のパソコンはSCSIインターフェイスが装備されていなかったりして、
古いMOドライブが利用できないなんてことはありませんか。
 FDドライブがパソコンに標準装備されなくなって久しいのですが、SCSIポー
トも過去のものになりつつあります。そこで、最近の手軽なメデイアは、「メ
モリーキー」またの名は「イージイデイスク」です。
 正確には「USB接続フラッシュディスク」といい、使い捨てライターより
コンパクトなボデイ(75mm×18mm×9mm)に、最大1Gのデータが書き込めます。
 鞄の隅に放り込んでおけば、たいがいのパソコンの前面に設置されている
USBポートにつなぐだけで、データの読み書きができる手軽で簡単な記録メディ
アです。
このメモリーキーの一般的な価格は、64MB 3,500円程度、128MB 4,700円程度、
256MB 8,400円 さすがに1GBは少し高くて40,000円程度です。
デジタルカメラに採用されているコンパクトフラッシュ(CF)なども便利なメ
デイアですが、リーダーを持っていないと出先では利用できません。
その点で、「USB接続フラッシュディスク」は優れものです。
 写真や各種のデータの受け渡しは、この「128MB程度のイージイデイスク」
一個で十分です。出先で誰かのPCから各種データを頂いたり差し上げたりと、
用途は広く使えます。
 何よりモータードライブのように故障することがありませんし、MOデイスク
のように汚したり傷つけたりする心配もありません。
ただし、手軽と言うことは、反面無くしやすいことにもつながります。
データを複写内蔵したままのメモリーキーの紛失には呉々も御注意下さい。

関連の記事

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です