お礼という投稿

【只管打座:お礼という投稿:05.01.11】
 永らく Web Site 発信を続けていますと、時折嬉しいE-Maillを頂きます。
先ほど頂いたE-Maillも嬉しいE-Maillですし、勇気づけられるものです。
茫猿のサイトも、近いうちにブログサイトに替えようかと考えていましたが、なるべく早くブログサイトに替えて、さらなる広がりを目指す気になりました。
 寄せられた投稿は、茫猿の身に余るお言葉を頂いていますが、あえて、
そう、あえて照れもせず、原文のまま掲載させて頂きます。
『投稿1. お礼』N.M様(匿名掲載とさせて頂きます。)
 いつも「鄙からの発信」を読ませて頂いております。
鑑定士として心すべきこと、社会人としてどう行動すべきか等
貴信を読む度に反省させられております。
 今回の発信はとてもうれしくて、メ-ルを送らせて頂きます。
なぜなら、あしなが育英会をPRしてくださったからです。
私も永年短足おばさんをやっておりますので、
あしなが育英会の発足のいきさつと
財団法人交通遺児育英会の官僚支配による変節、
あしなが育英会の活動の広がり等は知っています。
 確定申告をするたびに、
あしなが育英会が寄付金控除が受けられないのは残念でもありますが、
現在の日本の機構を考えると、
なるべく役所とは関わりを持たずに組織を維持しようと言う気持を
大切にしたいと思っています。
今後とも微力ながら末永く応援していくつもりです。
 また、寄付についての考え方同感です。
先日の中越沖地震に対して所属組織が募金を行った際、
目標金額◎◎万円というのには本当にガッカリしました。
有志一人1万円を目標にせめて◎◎◎万円と言って欲しかったと思います。
聞くところによると目標は到達しなかったようですし・・・
 私も友人が働いている「難民を助ける会」と「あしなが育英会」等
顔の見えるNPO以外は原則として寄付をしません。
時々喜捨はしますが。
『投稿2. 新年おめでとうございます』K.A様(匿名掲載とさせて頂きます。)
 その都度、楽しく読ませていただいております。
“「頑張る価値観」から「黄昏に飛び始めるフクロウに指針を求める価値観」
への転換が必要なのだと考えるのです。”
…私も、斯くありたいものだと希望します。
いつまでも、落ち着かない日々の生活、
自ら醜態だと、つくづく嫌悪しています。
 何につけ、コトの真実の追求、本質を見極め、
提言される貴方の生き様、敬服致します。
今年も、あれこれお示しいただいても、今の私では彷徨い、
戸惑うことばかりだとは存じますが、どうかお忘れなく!!
本年も貴方にとって、素晴らしい意味のある年になりますよう…
過ごされますよう、お祈り申し上げます。
『投稿3. 希望格差社会』K.S様(匿名掲載とさせて頂きます。)
 年末から年始にかけて「封印される不平等」を読み、
似たようなテーマの本ですが、本屋で「希望格差社会」を見かけ、
読みました。
 本当に時代が変わっているということを実感しています。
特に後者は読み応えがあり、今二回目を読んでます。
最近、一回目はただ読んだだけで頭にちっとも残っておらず、
自分の頭の悪さを感じます。
 日本の財政破たんは不可避ですが、その以前に社会が
壊れていきそうな気さえします。
森永先生の年収300万円で人生を楽しめればいいですが、
それさえも許されない時代がきそうです。
 我々は何とか逃げ切りをはかれる世代ですし、
子供は親の裁量である程度は守ってやれるというまあ恵まれた
立場であり、ラッキーとは思いますが。
・・・・・・『茫猿独白』・・・・・・
 希望格差社会については、iNetにて発注しましたから、
届き次第に読後感を掲載します。
他にも二、三照会したい書籍がありますので、後日まとめて。
 寄附と喜捨についての記事は、舌足らずな文章だったとは思いますが、詳しくは、再掲載する下記のURLをお読み下さい。
R30氏の考えと茫猿の考えに大差はございません。
一言で云えば、また舌足らずになりましょうが、
「寄附も喜捨も自己責任で」と云うことでしょうか。
なお、寄附は人知れず秘やかにという考えもあります。
それも一つの立派な考えであり、見識と思います。
でも、売名行為と受け取られようと、云わなければ伝わらないし、
広がらないのです。伝えることも支援だと、茫猿は思うのです。
「R30:マーケティング社会時評」
寄付する前に立ち止まれ
http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/01/donation.html#more
国際人道援助の投資戦略
http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/01/donation2.html#more

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください