12/08という日

 今朝、車中で聞いたラジオが「今の日本は高学歴・無分別社会」と云っていた。悔しいほどに言い得て妙である。話者は続けて「学歴・知識の有無と、分別・品性の有無は伴わない。」と言っていた。高学歴者が関与することの多い談合犯罪などまさにその典型である。


 今日は12/08である。開戦記念日である。
「硫黄島からの手紙」を撮ったクリント・イーストウッド監督はインタビューに答えてこう言う。
『私が見て育った戦争映画は、一方が正義で一方が悪でした。
   しかし、人生も、戦争もそういうものではないのです。』

関連の記事

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です