それでも ぼくは 書き続ける

引越中だし、二夜続きの新年会でこたえているし、真っ昼間から映画を見ていました。選んだのは「それでも ぼくは やっていない」です。つまんなかったら、眠ればいい、安眠の為の千円なら高くも無かろうと、考えて選んだ映画です。


流石、周防監督、我が会のA会長は監督よりも奥様のファンだと高言していましたが、シャルウイーダンスと同じく、役所広司氏、竹中直人氏などが出演しています。草刈様は出演していません。
ぜひ御覧になることを勧めます。
鑑定士であれば見なければ駄目、観れば真実価格と正常価格の相違がわかるようになります。(すみません。個人差がありますから判らない人も出るかもしれません)
市民であれば必見です。裁判員制度発足の前に、市民はいかにあるべきか、いかにありたいか【を】考えさせてくれる映画です。
この映画を観て眠くなったり、つlまらないと思われた方は、ご自身のキャパシテイを疑って下さい。あるいはリベラルアーツの足り無さを嘆いて下さい。
【教訓1】
満員電車では両手で吊革を持とう。
【教訓2】
車内で妙齢の女性には近づくな。やむを得ない時は背中を向けろ、決して対面するな。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です