薬師寺秋色

久しぶりに薬師寺を訪れてきました。白鳳伽藍の再建工事は順調に進み、西塔、金堂、大講堂、回廊などが再建されて、「青(緑色)丹(朱色)佳し」のことばどおり、「あおによし ならのみやこは さくはなの におうがごとく いまさかりなり」と白鳳伽藍の壮麗さを蘇らせています。なかに唯一1300年の歴史を刻む東塔の屹立は、これもまた佳き哉です。この度の訪問のもう一つの楽しみは「大唐西域壁画殿に奉納展観される平山郁夫画伯の西域壁画」を鑑賞することでした。


薬師寺金堂

金堂と西塔

東塔

近鉄電車と東塔

近鉄西の京駅フォーム、薬師寺案内柱

近鉄電車と薬師寺

奈良市の蓋

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です