街角点描

 岐阜市金華橋通、岐阜地裁前でみかけた点描である。


 一目で何物かわかる方は、相当の植物通である。

 先の実を成らしている樹の葉を落とした枝先がこれである。樹に付けてある札を見れば「アメリカ楓」とある。春先には日本楓とは二回りも大きい葉を付けるが、今は冬枯れである。

 金華橋通りを南下して金(コガネ)公園に至ると、廃線になった市電が静態保存されている。丸窓タイプでつい先年までは岐阜駅前から忠節橋を経て黒野まで走っていた。

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください