変わらぬ春到来

 テレビが伝える福島原発報道は、専門用語が多くてよく理解できない。重大な損傷が生じているようだし、20km圏内避難区域で十分かどうかも判らない。見えない恐怖が現実のものとなっているし、知らされていない事実がどれだけかも判らない。見えない知らされない不安が差し迫っている。 その不安のなかでも春は訪れている。 このおだやかな春が続くことを、福島にも訪れることを祈るだけである。


 サンシュユの花が咲いた。
   
 土筆も顔を出している。
   
 採り残した菜花も花をつけている。
   

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です