第二次新スキーム改善 §Ⅶ

第二次新スキーム改善 §Ⅶ 《上申書を発送して》

ただ今、事務局宛に上申書をファイル添付送信しました。
発信上申書(121001joushin2
この一週間にお寄せいただいた全国の様相を拝見するに付けても、考えさせられたのは、やはり戦略不在だと云うことです。

戦略・戦術の立案に必須不可欠な事項は兵站線確保、すなわちロジスティック視点です。兵器や兵員の多寡よりも、食糧弾薬の持続的確保だと考えます。

取引情報の所管課が不動産業課へ移るなどということは些事です。
1.昨年7月に土・水局が土建局へ組織変更したことの意味や背景。
2.土建局主宰の各種審議会、研究会では逆風が吹いていること。
3.取引情報データベースが、巨大利権化しつつあること。
4.土建局は、レインズと新スキームを管理するハブを指向していること。
5.我々が求める真のカウンターパートは、宅建業界、地理情報業界なのであり、広くJ-REIT関連金融業界なのでしょう。
6.それら巨大なカウンターパートを彼岸に置くか、カウンターパートとして此岸に位置付け、提携・友好関係を築けるかが別れ目と考えます。

局地戦に拘って、戦争全体を見失った旧日本軍の轍を踏むのでしょうね。
 へぼ将棋王より飛車をかわいがり
個益、士協会益、業益などは捨てて 、まだ見ぬ後世の鑑定士が社会で名誉ある地位を得るために、どんな種蒔きが出来るかが問われていると考えます。

世間の喧噪など我関せずと、我が鄙畑の秋桜が、生憎の重い曇り空の下で、ようやく満開になりました。 今頃(12.09.30 12:30)は室戸岬の南方沖にある台風17号、今夕には志摩半島か渥美半島辺りに上陸するだろう。 今夜の野分けは、総てを倒してしまうだろうから、明日は倒伏秋桜を楽しむに如かず。 台風一過の、秋晴れの空の下、倒伏秋桜に百舌鳥の声、秋茜の舞うさまを肴に一献いただきます。
来年のことを言えば鬼が笑いましょうが、種蒔きと云えば、秋桜のあとは耕して蕎麦を播く予定です。 来年も元気であれば、蕎麦の白い花と蕎麦打ちが楽しめよう。
柿が枝もたわわに育ってるが、この柿は渋柿。

(追記)夕刻になって、ときおり雨風が激しくなっている。 岐阜清流国体関係者は大変だろうな。 当町も軟式野球競技の一部会場になっている。

 

関連の記事

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください