雪中梅

2018/01/25  昨夕から深更にかけて、この冬初めての積雪である。北陸や東北・北海道の豪雪に比べれば、薄化粧ほどの雪である。雪景色と云うものは、非日常であり、非日常であるが故に心躍らせる。このような風景を楽しめるのも、毎日が日曜日だからである。朝早くに、タイヤにチェーンを巻いて出勤する身であれば、楽しんでもいられない。雪中に春を探してみる。

今朝《2018/01/25  06:50》の鄙里雪景色

雪中椿、盛りを過ぎた山茶花に積もる雪。

表題の雪中梅である。まだ数少ない紅い花が寒風に震えている。

蝋梅も北風に香りが飛んでいる。

雪の日も、やって来るヒヨドリ、メジロやシジュウカラの到来を心待ちにしているが、訪れて来ている気配がない。

最近のヒヨドリ君のベストショット、可愛いモンダ。

今朝《2018/01/26  07:10》の鄙櫻

今朝《2018/01/26  07:10》の鄙里雑木林

今朝も来ているヒヨドリ君

 

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です