投稿者「Nobuo Morishima」のアーカイブ

菊と鍬

なんの変哲も無い小菊である。野菊と見まごうほどの小菊である。特段の手入れもなく、畑の隅で荒らし作り同然に放置される菊である。それでも霜月に至れば花も香りも楽しませてくれる。畑の隅で咲き始めたから、切り取って無造作に活けて […]Continue reading «菊と鍬»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

秋たけなわ

朝夕は十一月らしく肌寒い昨日今日であるが、昼中は汗ばむ暖かさである。台風で収穫が遅れていた渋柿を採り入れて、皮をむき風通しの良い軒先きに吊るした。昨年と比べて収穫量は半分であるが、そのぶん一回り大玉である。干し柿に良い北 […]Continue reading «秋たけなわ»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , , | コメントする

2017 総選挙

2017/10/22 衆議院選挙について、何か感想記をと思うのだが何も書く気がしなくて一週間が過ぎた。民進党の分裂選挙、野党共闘が雲散霧消したことへの共産党と社民党の恨み節、希望と立憲民主の間に挟まれた維新と日本の心の僻 […]Continue reading «2017 総選挙»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

名駅前にて五十年ぶりの再会

またまた私的な話題だが、今日は五十年ぶりの再会を得た。正しくは44年ぶりの再会である。茫猿の師匠である名古屋の新居事務所で机を並べ、鑑定評価補助業務のかたわら受験勉強にも励んでいた二十代後半の数年間を共にした仲間との再会 […]Continue reading «名駅前にて五十年ぶりの再会»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

ガラケーに戻した

昨日、携帯電話を2年間使ったスマホ・iphone6-plus(5.5インチ)から、ガラケーのDocomo-N04Bへ戻した。変更した理由は幾つかあるし、変更に伴い思わぬ余禄もあったのである。 変更理由は、スマホでネット接 […]Continue reading «ガラケーに戻した»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

秋霖前線

朝から小雨空と曇り空が交互に続く空模様である。午後から家人を乗せて買い物などに出かける予定だから、雨間をぬってナバ菜とサヤエンドウの種を蒔いた。畑仕事を終えて鄙里を巡りながら、この頃は母や父のことを思い出すことが少なくな […]Continue reading «秋霖前線»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

落花生と銀杏

盛夏を思わせる暑い数日のあと、今日からは気温が下がり同時に秋の長雨が続くと予報は伝えている。採り入れ時期が近づいていると気にはなっていたが、祭典係の後始末《神社経費負担金の集金、祭典係会計の整理》に追われていて、手付かず […]Continue reading «落花生と銀杏»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

2014/07/01を忘れない

この記事は2014/07/02にアップされたものの再掲である。再掲ではあるが、改めて思い起こしてみたいし、選挙権を行使するに際してよく考えてみたいから記事とする。 2014.07.01 安倍内閣は集団的自衛権の“限定的” […]Continue reading «2014/07/01を忘れない»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

三つ巴はマヤカシ?

新聞やテレビは、今回の選挙を「三つどもえ」の総選挙と囃し立てている。三つ巴とは、自民党・公明党が右側、安倍内閣の交代をうたう希望の党・維新が中道、立憲民主党・社民党・共産党を左側と云うものである。政党自身もそのように訴え […]Continue reading «三つ巴はマヤカシ?»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

鎮守様の秋祭り

十月八日は村の鎮守様の秋祭り、快晴に恵まれ無事に祭り太鼓の奉納を仕終えました。今はヤレヤレです。 翌日は御神燈屋形の撤去作業、そして引払い打上げでした。これが終われば一年間の祭典係長のお務めは無事に終了するのです。Continue reading «鎮守様の秋祭り»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする