投稿者「Nobuo Morishima」のアーカイブ

盆過ぎて

お盆前の十二日から帰省していた長男家族が先ほど(2018/08/19  16:00)帰京した。孫娘ふたりは『まだ帰らない』などと祖父母泣かせの嬉しいことを言ってくれていたが、父親の休暇の関係もあり言い含められていたようだ […]Continue reading «盆過ぎて»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

阿Qの世迷い言(再)

「忘れてならない事実と真実」と題する記事を載せてから、「鄙からの発信」初期の頃の八月には何を書いていたかとアーカイブを検索したら、此の記事に出会った。面白く読めたし色褪せてもいないと思えるので再掲しておく。「阿Qの世迷い […]Continue reading «阿Qの世迷い言(再)»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

忘れてならない事実と真実

「鄙からの発信」が「忘れてはならない日」と題する記事を載せたのは、2006/06/23である。此の日は沖縄慰霊の日である。先の戦争で、国内唯一の地上戦が戦われた沖縄で組織的抵抗が終息した日である。組織的抵抗が終息した日と […]Continue reading «忘れてならない事実と真実»

カテゴリー: 敗戦後70年, 茫猿残日録 | コメントする

万年青が枯れ始めた

酷暑と乾燥で万年青が枯れはじめた。名前のとおり青々としているのが常のオモト(万年青)が庭の彼方此方で枯葉を見せている。台風21号がもたらす恵みの雨を期待したのだが、畑の上っ面だけを湿らせて終わった。七月半ば以来、庭にも水 […]Continue reading «万年青が枯れ始めた»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

職能集団の社会的存在感

2018年7月26日に投稿する「復興支援に鑑定士の取組み」と題する記事をフォローして、改めて災害復興支援において不動産鑑定士の果たせるであろう役割を考えてみたい。それは職能集団としての不動産鑑定士集団の社会的存在感を考え […]Continue reading «職能集団の社会的存在感»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

変な台風・12号ジョンダリ

台風12号は変な台風だった。通常はフィリッピン沖などの南西方海上で発生し、北東方向に北上するのが台風である。12号ジョンダリ(ヒバリ)は、南方海上で発生してから北上し、小笠原付近から伊豆諸島付近で北西方に方向転換し、伊豆 […]Continue reading «変な台風・12号ジョンダリ»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

復興支援に鑑定士の取組み

岡山県不動産鑑定士協会会長の白神学氏のご活躍に敬服賛嘆することしきりである。六月末の大阪府茨木市内の震災被害調査に始まり、続いて発災した「西日本H30.07豪雨」に被災した地元岡山県被害調査を始め、愛媛県、広島県と連日連 […]Continue reading «復興支援に鑑定士の取組み»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

言うまいと思えど

言うまいと思ったのは今日の”暑さ”である。暑い暑いと口にしたところで、涼しくなるものでなし、言えば言うほど余計に暑さつのるだけのことである。2018/07/18 岐阜県多治見市と美濃市では40度に達したという。言うまいと […]Continue reading «言うまいと思えど»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

今季二度目の防除

《高齢化し忘れやすくなっているから、翌年のために農作業記録を残す備忘録記事である。》 今日は今季二度目の防除作業を行なった。初回の防除は正しく記憶していないが、五月半ば過ぎのことと記憶する。Continue reading «今季二度目の防除»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

報道される事柄だけを列挙

雨の降り続く今日も思考は堂々巡りというか、一向に発展性が見えない。様々な事象が起きているが論評抜きで報道される事柄だけを備忘録的に書き出して見る。Continue reading «報道される事柄だけを列挙»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする