【森島さんを支援します。】

【森島さんを支援します。】 東京会 海本丈夫様
 森島さんが、日本不動産鑑定協会会長選挙に立候補されるというご決意のご挨拶を頂きました。貴兄がご指摘されるまでもなく、われわれの不動産鑑定業界が現在大きな転換期にあることは多数の同業者が自明の理として認識していることであります。ただ多くの会員業者は日々の目先の仕事に追われて、どのように対応しどうすればよいのかを考え行動する余裕がないのが実状であろうと思います。そのために悪い意味で官僚化し、意見は言っても行動が伴わない協会幹部の現状を追認してきたし、これからも期待はもてないがこのままの組織を支持して行かざるを得ないのではないかと考えているでありましょう。
 貴兄の立候補は、いろいろな意味で業界の沈滞したムードに大きな刺激となり警鐘となるであろうことは疑う余地がありません。


 第一に、協会会長は東京在住者であることが当然の前提とされてきた現状に対する反省であります。情報化社会の進展はつい先日まで不可能とされてきた地理的ハンディをクリアするということを可能としつつあり、その意味では東京に在住することが必ずしも優位 にあるとは申しません。
 第二に、これまでの会長選挙が大手法人の代表者であるということについての反省であります。会長個人の不動産鑑定業務についての見識はともかくとして、その社会的な地位 の故に監督官庁や大手鑑定業者なども既成の権威を改革するような姿勢をとることは、まず望み得ないことでありましょう。
その意味で、失礼ながら森島さんのような個人業者に近い立場の方が出られることの意義は大きいものがあります。
 第三に、現在のような業界の大転換期にあっては、リーダーたるものの資質は会員の利害調整型であるよりも、業界の将来についてのヴィジョンを掲げ組織をその方向に向けさせる積極的な意欲と行動力を持つタイプでなければならないと考えます。その意味でも森島さんのご出馬は時宜を得たものと存じます。
 私も多少、年を取り過ぎておりますが、業界のために能力の範囲で貢献したい気持ちはあります。具体的な不動産鑑定業に関する私の考えについては、また別 の機会に申しあげたいと存じますが、森島さんの会長選挙に関して何か出来ることがありましたらお手伝いいたしますので、ご遠慮なくお申越しください。
 貴兄のご健勝とご健闘をお祈り申しあげます。

関連の記事

カテゴリー: 茫猿 's Who パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です