情報基盤整備

【茫猿遠吠・・情報基盤整備・・04.03.17】
 (社)岐阜県不動産鑑定士協会の25周年記念事業の準備は着々と進みつつあり
ます。昨日はプレイベントとして、記念シンポジウムのリハーサルを兼ねて岐
阜士協会会員の研修会を開催しました。
パネラー諸氏も本番さながらにというよりも、内輪だからとのことで本番で
は語れない話を多く語って頂き、とても有意義な研修会でした。
そのために、わざわざ札幌から大阪から神戸からお越し頂いた講師の諸兄に
この誌面よりお礼申し上げます。
 全国より参加登録のお申し込みが届きつつありますが、さらに多くの皆様の
参加をお待ちしています。岐阜の鄙人は内気ですからもてなし下手ですけれど、
心はホスピタリティに溢れております。ぜひ岐阜の地までお運び下さい。
プレシンポジウム風景です。

会場に空席が多いのは、本番会場を使用したせいで、会員の参加が少なかった訳ではございません。

パネリストのお顔が不鮮明なのは、撮影が拙いわけではございません。パネリストのプライバシーに配慮して、ボカシをかけたせいです。
 話は変わりますが、岐阜県士協会では二十五周年記念事業の一環として、士
協会の情報基盤設備の更新を行なおうとしています。数年前からISDN回線を利
用しコールバックシステムによりWANを運用していますが、重複したり、旧
式化したり、本来の利用方法がなされていないシステムを統合し更新すること
を目的として、VPNを導入して情報基盤を一新しようとするものです。
※VPN(バーチャル プライベート ネットワーク)専用回線を使用せずし
て、仮想ネットワークにより、高速通信を実現するものでイントラネットの一
形態といえる。
※岐阜県士協会WANシステムについて
http://www.morishima.com/cgi-bin/np_boen/newspaper.cgi?action=view&code=985100024
『情報基盤システム更新の目的』
・情報管理システムの事務局管理を容易にする。
・情報伝達速度と安全性を向上し、管理と操作の簡便さを実現する。
・会員の情報伝達手段について選択肢を広げるとともに、公示等幹事や士協会
役員の負担を軽減する。
・VPN(バーチャル プライベート ネットワーク)を利用してIP電話機
能を用意し、TV会議を可能にする。(少し先の夢ですが)
『導入の予想効果』
・通信が格段に速くなる。と同時に定額料金制により安価にもなる。
・ADSLの場合下り最大40MBPS、上り1MBPSが実現して大容量データの送受信が
可能となる。
・Bフレッツ(光)最大100MBPS (上下)が可能である。(通信速度はベストエ
フォートですから、必ず実現するわけではありませんが。)
・ADSLであれ、光であれ、iNetが格段に速くなり、相続税路線価地図(PDF)
や最近公開が開始された固評路線価地図などのGISシステムの閲覧が格段に便
利になる。
・複数接続地点の登録やフレッツスポット利用により、モバイルの実現も可能
となる。
 会員間の情報交換がテキストデータ交換に止まる限り、従来の方式でよかっ
たわけですが、地価公示においてさえ、地図や写真など多くのイメージデータ
の交換が必須となりつつある状況を考えれば、高速ネットワークが必須ツール
となってゆく状況に対応しようと考えるものです。  
※ADSLや光ファイバーサービスについて
http://www.ntt-west.co.jp/ipnet/office/
※VPN(バーチャル プライベート ネットワーク)について
http://www.ntt-vpn.com/
・・・・・・いつもの蛇足です・・・・・・
「高い低い」人生訓について、再掲を求める声がございましたので、写真でな
くテキストを掲載します。
・高いつもりで低いのが教養
・低いつもりで高いのが気位
・深いつもりで浅いのが知識
・浅いつもりで深いのが欲望
・厚いつもりで薄いのが人情
・薄いつもりで厚いのが面の皮
・強いつもりで弱いのが根性
・弱いつもりで強いのが自我
・多いつもりで少ないのが分別
・少ないつもりで多いのが無駄

関連の記事

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください