卯建の街・追録

ワールドカップ初戦は幸運な先取点で始まったのですが、ハーフタイムに岡田元監督が述べた「何となく不安」という予言が当たってしまいました。
疲れがみえる最終盤に新戦力をどしどし投入したオーストラリアチームと、先発メンバーで守り抜こうとした日本チームとの違いが、明暗を分けたのでしょうか。
今日は、先日、ウダツの街で撮った写真の追録アルバムです。
屋根の上の火除け神、へぼ?、人間専用吊り橋、住吉灯台 etc


 火除け神(秋葉さん?)を祭る。

 「へぼ」とはこの地方の方言でクロスズメ蜂の子のことです。珍味です。美濃市駅前の売店で見つけた看板です。
基本的に秋のものでして、今あるとすれば去年のものの佃煮でしょう。

 旧美濃橋です。一回に渡れる人数を二十人に制限する人間専用吊り橋です。

 美濃橋遠景です。橋際には料理旅館や川湊遺跡があります。橋の上で川風に吹かれて涼んだり、遠花火を眺めたりしたら心地よいでしょう。

 同じく、大正5年建造、20人制限の注意書きです。常日頃は亘る人とていない橋ですが、夏の花火大会などの注意書きでしょう。

 美濃橋付近が鉄道や道路が整備される前は、小有知湊と呼ばれた長良川の川湊であった歴史をしのばせる住吉灯台です。

 蕎麦屋桃李の簡素な造りの床の間です。過剰な装飾を押さえて洗練されたという方が正しいのでしょう。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です