秋半ば

 陽の落ちるのが早くなった、もう秋半ばである。 
強風に物干し台が倒れていた。
北風が強いと冬近しを思わされる。
藪庭にも秋が深まっている。


 今年は剪定エラーというより、深く刈り込んだせいで柿の実成りは僅かである。
 だから最初から木守柿になっている実が、梢に留まっていた。
  
 早くも千両が赤い実を付けている。 
間もなく小鳥の餌になってしまうのであろうが。
  
 万両の実はまだ青い。
葉陰には蝉の抜け殻がまだ残っていた。
  
 藪陰には茶花が咲いている。
  
 猛暑のせいだろうが、紅葉の色つきは悪い。
でもハナミズキを夕陽に透かせば秋が見える。
  

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です