梅は咲いたか

 この季節になると思い出す唄がある。
その昔、茫猿がまだ学生の頃に先斗町で出会った粋なお方が、
この季節になるとよく口ずさんでおられた唄である。
 梅は咲いたか/ 桜はまだかいな /
 柳ゃなよなよ風次第 /
 山吹ゃ浮気で 色ばっかり/ しょんがいな
梅から桜、そして柳へと季節のうつろいを歌う唄であるが、
「柳なよなよ」と恋人のつれなさを嘆くのである。
そして、山吹、即ち小判のことであり、
うつろい易いお金のこと、
あるいは浮気の沙汰も金次第とも読めるのである。
ようやくに満開の水仙である。気品あふれる薫りが庭に満ちている。


梅はまだつぼみふくらむ程度である。

Tags: 

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です