軽過ぎる、余りにも軽い

                     「つまらない愚痴を言う前に、」
先ずは「荒川さん、おめでとう!!!」
軽々と流れるように滑りました。演技が終わった瞬間に素人眼にも金が確信できた。 日本女性の強さや美しさを見せつけてくれました。
アジアン・ビューティーの極みでした。 彼女のサイトは (参照) アクセス殺到でつながりにくいかも。


 それにつけても、ということですが、
男達の軽さが如何ともし難いです。
いえいえ、オリンピックではなくて、国会やTVです。


・国会で凄んでみせ、次は眼鏡で泣いてみせたヒューザー・小島
・薄ら笑いでシラを切ったものの、次は消え入りそうに謝った東横イン・西田
・国交省で業者の先導と口利きをしながら、コザカシク逃げ回る伊藤ハム介
・TVCMでクルクル廻っていたのに、首が回らなくなったホリエモン
・偽メールのコピーで進退窮まった永田町のナガタ議員
・その尻馬に乗ったというか、小躍りしたマエハラ&ノダ軽々コンビ
・蚊帳の外の宇宙人ハトヤマ氏はどうする。
・その昔BSEで大臣を棒に振ったタケベ氏、
・今や我が息子ホリエモンで危うい偉大なイエスマン幹事長。
・国会で「ガセ」とか「ネタ」という符丁や隠語を使う総理の軽々しさ
 なにはともあれ一番不思議なのはメールのプリントアウトについて、簡単に信じてはいけないという「ITのイロハのイ」も知らなかった民主党の議員さん達です。転送メールでも危ういのに印刷物なんて証拠能力すら乏しいこともわきまえずに、裏を取ることもなく声高に追求した非常識というか不常識です。ヒルズ界隈の某氏から「一部塗り潰し済みメールコピー」を手渡されて、多分舞い上がったのでしょう。ひょっとしたらハメられたのかも。ひょっとしなくとも何処かで誰かが仕組んだこと。
 そういえばスキージャンプの原田さんも軽かったなア。
何となく「顔と過去の余光」で出場したのに、
身長で使用スキー板の長さを決める規則を間違えるなんて、
ベテランにあるまじき振る舞いだよ。
 

関連の記事

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください