乳のごとき故郷

 表題は1997年にお亡くなりになった藤沢周平氏の新刊書名である。 藤沢氏が生前にあちこちに書いておられた、故郷の随想をまとめた新刊である。 もう藤沢氏の新刊に会えないと思っていましたから、書棚で見つけたときは嬉しくて、即購入したのです。


    
 《乳のごとき故郷
 藤沢周平氏が優しい目線で故郷を語っている一節々々は、自分自身の故郷への思いにもつながりますし、書名となった「乳のごとき故郷」という一文には、藤沢氏の享年まで残すところ僅かとなった己自身の今、そして明日を考えさせてくれます。
 久しぶりの書棚渉猟だったので、他にもこんな本を求めました。
 井上ひさし 最期の長編小説 「一週間
 茫猿の衰えた目に優しく、薄くて携帯にも手軽な、ワイド版岩波文庫から
 「ツァラトゥストラはこう言った」
 「風姿花伝」
 光文社新書から「ローカル線ひとり旅
 残念なことに見落としたのか、書棚に在庫が無かったのか、
 乃南アサ 「禁漁区」(10/08/31新刊)
 秋の夜長に備えて、これは速攻でネット購入申し込みました。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です